効果的な自己PRの作成方法

就職活動では必ずと行ってよいほど自己PRを述べることが求められます。また、エントリーシートや履歴書にも自己PRを記入欄が必須であり、自己PRの良し悪しは就職活動を決定づけると一大ポイントと言っても過言ではありません。

そこで、面接官を納得させる自己PRを作成する必要がありますが、説得力ある自己PRを作成するには複数のポイントがあります。

第一に重要なのは、過去の体験談を元にして自己PRを構成することです。

就職活動時には何かと自分をよく見せようと過剰な内容を自己PRに盛り込みがちになります。でも、その内容に説得力がなければ、面接官を納得させることができません。

そこで重要となるのがエピソードを盛り込むことです。

たとえば、リーダーシップを自己PRとするのであれば、部活動やサークル、バイト先などにおいて部長やリーダーとして活躍したという話をすれば、自己PRに説得力を持たせられます。

また、コミュニケーション力をアピールポイントとするのであれば、スマホのアドレス蘭に300人以上の友人名が埋まっているというような話をすれば、自己PRの説得力が増します。とにかく、具体的なエピソードを通して自分のセールスポイントを伝える必要があるのです。

また、自己PRで有効なのは苦労話です。

面接官は職場で働く一般の社会人であり、日常的に仕事で苦労している人たちです。ここで、面接官が理解しやすい仕事や研究活動における苦労話をすれば、共感を得やすくなり就職活動を有利にできます。

そこで、研究活動やバイトなどで苦労した経験話を自己PRに盛り込むこめば、説得力のある自己PRが構成できます。重要なのは、ある課題に対していかに自分が努力し、積極的に取り組んだかということと、そこで辛い思いをしたという内容を具体的に語ることです。

特に、この苦労話では失敗したエピソードも有効です。

社会人である面接官は、苦労した人材を求めています。応募者に苦労した経験があれば、就職してからの面倒事にも負けることなく積極的に対応してくれるだろうと評価するからです。

そこで、バイトやサークル活動、あるいは研究などにおいて失敗してしまった内容を自己PRに盛り込みむことも有効です。そして、失敗から何を学習したのかを語り、失敗にへこたれない前向きな姿勢を示すことができれば効果的に自分の存在をアピールできます。

自己PRは美辞麗句を並び立てるだけでは内容が空虚になってしまい、面接官に対して説得力を持たせることはできません。

なぜそのようにアピールできるのか、客観的な証拠となる過去のエピソードを盛り込み、苦労話や失敗談を含めることができれば、効果的な自己PRとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です