就職・転職などの面接の重要性と攻略法

就職,転職などの面接は合否に大きく関わってきます。この面接でなにが重要かをご紹介します。

当然,まず,志望動機は聞かれます。

就職転職したい会社を事前に調べ,会社の特徴や方針が自分と同感できることを説明するのはマストですが,そこに,自分が気づいた問題点,それについての自分なりの改善点を意見として言うことが大切です。

面接で大事なことは,当然面接官は何十人も面接します。ほとんどのあなたのライバルはみんな事前に会社を調べ上げ,褒め称え自分もそこで会社に貢献したいようなことを言うと想定されます。

面接官から見れば,また,同じような取って付けたようなセリフで飽き飽きしてくるでしょう。つまらない,眠くなる面接官もいることでしょう。

そんな中で,他の人とは違うというところをアピールすることが大事です。自分に自信がないと思っている人はなかなか自己アピールをいうのが難しいかもしれません。

そういう時は他人の話をしましょう。例えば,飲食店の面接に行ったとして,そこの社員でもいいし,別の店で昔の話でも構いません。

その人がとても輝やいて見えた瞬間,仕事の仕方など,自分が尊敬できる点をあげて,自分もそのような社員になりたい。などと他人を紐付けて話すと話しやすいと思います。

友達でも構いません何か具体的に,面接官が想像できるような話が効果的です。面接官も空想の理論的な話より具体的で現実的な話の方が興味を示すはずです。

また,面接官がどのような人かを見極めることも重要です。

お固い面接官,ユーモアーがわかる面接官なのか,面接中で難しいでしょうが,どのような話を興味示すか,好まれているかを意識してください。

十人十色の面接が無難かもしれませんが,試験も自信もなく,面接での自己アピールも自信がなければ,ライバルの中から勝ち取ることは不可能に近いと思います。

面接に自信がないと感じている人こそ,攻略や視点を変えてアタックしましょう。

よく,会社に入ったらどんなことがしたいですか,どういう風に貢献できますか,会社の社風はなんですか。などの質問がありますが,正直,入ってみないとわからないものは素直にわかりませんと答えるべきです。

ただ,その後に,自分なりの意見は必要です。思ったことを,素直に言えば良いと思います。そうすることによって,答えはなんでもOKになります。

わからないことを伝え,でも,こうこう自分は考える,こうこうしたいという文章が大事なのです。

常に自信を持って答えること,しかし,答えれない意地悪な質問は素直にわからないということが大事です。ただし,最後に付け加えることが不可欠です。

自分の経験,友達の経験などを元に,うまくストーリーを作り上げることがコツになります。その中でその会社に入りたい誠意を訴えてみてください。面接官も情を持った人間です。関心を持たれることが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です