自己PRでは結局は正直さを伝えるのが得策です

会社で人事に携わった経験があり、採用面接も多く経験しました。そこでわたしの経験から感じたことをお教えします。

自己PRと聞くと、とかく特技とか資格を有していないといけないとか考えがちです。確かに資格があることが有利であることは否定しません。しかし、資格=有能力者ではありません。

そのことを採用面接者は知っています。資格を有していることばかりアピールし過ぎると、逆にそれ意外何もないと取られることもあります。あなたがその資格を使う仕事につきたいと思っているなら、当然その資格が必要な会社を受けますのよね。

つまり、その会社の社員には、あなたと同じ資格を持っている人たちが多くいるわけです。生半可な知識は実経験にはかないません。資格だけをアピールするとあまりいいことはないです。

では、どうすればよいのか。採用面接者は当然あなたの履歴書を見ています。あなたは何度目の転職を希望でしょう?中には3年と同じ仕事を続けられずに転職歴ばかりの履歴書もあります。

反対に勤続20年を超えて初めての転職の履歴書もあります。そんな履歴書を見て面接者はどう思うのか?

まず前者の転職ばかりの場合。あなたがどんなにやる気や、資格をアピールしても、なんの説得力もありません。

面接者は、この受験者は1年も経験するとその会社がわかったような気になり、不満不平を口にしだし、自身の無能力を認めず待遇ばかり気にする。結果、ちょっとしたトラブルがあるとやめてしまう、その繰り返し。

うちの会社に来ても持たないだろう、と予測を立てて話を効きます。したがって転職歴の多いあなたは、今度は今までとは違う点をアピールするしかありません。

近々交際相手と結婚を控えているので、今度こそ腰を据えて仕事をするつもりですとか、転職歴が多いことを親や友人からも叱責されてきたので、今度こそ定年まで務め上げる覚悟を見せるとかが必要になります。この手の方は資格も特技も関係ありません。

いかに、この会社に入りたいのかを、ひたすら面接者に訴えるしかありません。

次に後者の場合。長年勤続してきた会社をやめてきたので、きっと勤務先で何か大きな転機があったに違いないと予想して面接をします。

会社都合で、早期退職リストになったとかであれば、あまり気にすることはありません。リストラはどの業界でも行われていることです。臆せずこれまでの自分の職歴を話してください。

逆に、長年の夢を叶えたいと思い、清水の舞台から飛び降りるつもりで転職してきた場合、面接官は警戒します。受験者の思い込みが強いほど、入社後のギャップに耐えられずに悩む方がいるからです。

管理職経験の方が、新卒者と一緒に1年生から再出発するのです。その覚悟があることをアピールしましょう。

あまりに、以前から興味を持っていてやりたかった仕事です、と気合を入れすぎると、逆効果の可能性があります。2度目の人生を歩む覚悟を伝えてください。

いずれの場合も、前職の退職理由はハッキリと嘘をつかず伝えたほうが得策です。多くの場合、会社内の人間関係が嫌になって、退職した例がほとんどです。

それを知っていて、面接官は退職理由を効いてます。自分に責任はないのにやめさせられたとか、会社の体質が悪すぎたとか、批判ばかりを言うと、結局はあなたが組織に馴染めないタイプであると判断されてしまうからです。

正直に誠実に。面接官は年間に何百人と話をしている経験豊富な方です。子供のような思いつきの嘘は通用しません。

もし、具体的にどのように自己PRを掛けばいいか分からない場合は、こちらのサイトをご参考にしてください。

自己PR 書き方

自己PR=自己肯定のひとつ!?視野を広く持って。

自己PRって大人になるにつれて、する機会がどんどん減っていくように思います。

特に会社と家の往復になったりすると、世界が「固定」、「限定」されていくようなイメージでしょうか。 色んな人に会ったり、色んなところに出向いたり、習い事やイベントなど、自分の「波長と合うもの」や「得意なもの」、「強み」になりそうなものを見つけるとよいと思います。

わたしは現在41歳(既婚・子供なし)ですが、20代後半から出会った「カラーコーディネート」の世界が、わたしを世界を広げてくれる「キッカケ」になったと思っています。

当時は非正規雇用で、正社員の人たちが羨ましくて、「どうして自分だけ収入が少なくて、正社員じゃないんだろう」なんて愚痴ってばかり。そのせいか、まだ若いのに大体、年よりも老けて見られることが多かったんです。

6つか7つくらい上に見られるのは当たり前で、「もう子供も3人産んでそう」なんて言われるくらい、地味だったんですね。口から出るのは、マイナスのことばかりだったから、周りの人も楽しくなくても無理はなかったですよね。
 
それが、「3年でも5年でもいてほしい」と言ってくれていた派遣先が、営業不振で1年半で契約満了!

まさかとショックでしたが、「企業に振り回されてはいけない」と思い「特技がほしい」と一念発起したのが「カラーの社会人スクール」に通うキッカケになりました。

似合う色という「パーソナルカラー=その人を引き立たせる色」というのを実践するようになってからは、身に着ける色や柄に変化が起こり、今は実年齢よりも若く見られることが、お陰様で増えました。

性格も、前みたいに人のことばかり羨むことも、なくなりました。

でも人間って、欲張りだし忘れっぽいから、ついつい「マイナス方向へ引っ張られがち」なんですけれどね。

引き寄せの法則じゃないですが、「自分が一番、自分を認めてあげられることが一番の引き寄せ」だと思うんです。「引き寄せ=愛」なんて例える人もいます。

色の力で、気持ちが前向きになる効果も大きくて、わたしは色の知識を得てからの方が、自分に自信が持てるようになりました。

それでも、会社という「組織」に属すると、自分の思うようにばかりいかないことも多いので、周りに合わせながら「自分を生きる」というのが、社会人の「永遠の課題」でもあると思うのですが・・・。

組織って、どうしても“保守的な部分”も多いです。なので、時々「肩身が狭いような」居場所のなさを覚えることもあります。

でも、それもいつまでも続かないはず。わたしみたいに、40を過ぎたものはあまりワガママばかり言うワケにもいきませんが、若いうちは色んなことにトライして、失敗して、それを怖がらないで「自分だからこそ!

自己PRは友達や親に意見を求めること

もうかなり前の話ですが、わたしは当時大好きだった人から、別れ話をされて「大失恋」をしました。

心臓のあたりが痛くて冷たくて、身体の中心を「強風」が吹き抜けていくような“喪失感”とも言うべき痛み。今まで生きてきた中で、あんなに痛くてたくさん泣いたのは、多分あの時だけでしょう。
 
「この人と一緒になるんだ!」と信じてた人でした。

なので自分でもびっくりするくらいの落ち込みようで、食べるのが大好きなのに「食欲不振」になり、半年で10キロ減の「激ヤセ」に加え、「うつ状態」になり精神科にも、一時期通いました。

“まさか、自分が精神科に行くなんて・・・”と、自分で自分を「いけない子」だと一層否定するわけです。毎日が重たくて、無気力で“死にたい”と思ったことさえありました。
 
でも、人間そんな簡単に死ねるものじゃないし、死んだら何にもできなくなってしまう。「生きてる」なんて思ってたけれど、「生かされて」いるんでしょうね。

どうして自分を、「いけない子」だと思ったんでしょう。親にもそんなこと、言われたことはなかったんです。

なので、「自分で自分のことが全く分からない」、「出口が見えないトンネルの中で、一生懸命進んでいるのに一向に、出口にたどり着かない」。当時はそんな心境でした。

健康な時なら、そんなこと考えないようなことばかり考えてしまうのが、ネガティブが過剰になった時の「特徴」なのかもしれないですね。

病気も障害も抱えていない時なら、「当たり前のこと」についても、わざわざ考えずにいても、日々は忙しく過ぎていきますよね。

でも、その「当たり前のこと」を、敢えてピックアップしてみたら、自己PRが苦手だったとしても、何か「いいところ」が、見えてくるのではないでしょうか?

しんどかった当時のカウンセリングの中で、「自分のいいなー、とか、好きだなぁと思うところを、毎日すこしずつでもいいから書き溜めてみて」と、先生に言われたことがあります。

ドツボにハマっている最中だと、ちょっとしたことも頭に浮かばなかったりするのですが。

「毎日、当たり前に目が見える」、「呼吸をしている」、「美味しいご飯が食べられる」・・・などなど、どれも当たり前ばかりのようですが、ある日突然、難病になってしまったり、交通事故で思うように体が動かせなくなったりしたら、「当たり前じゃなくなってしまうんです。

自分で自分のPRポイントが、うまく見つけられないという時には、「友達や親に意見を求める」のもいいと思います。

きっと、あなたが思う以上の「あなたの良さ」が、眠っていて「早く気づいて!」と、思っているかもしれませんよ。

効果的な自己PRの作成方法

就職活動では必ずと行ってよいほど自己PRを述べることが求められます。また、エントリーシートや履歴書にも自己PRを記入欄が必須であり、自己PRの良し悪しは就職活動を決定づけると一大ポイントと言っても過言ではありません。

そこで、面接官を納得させる自己PRを作成する必要がありますが、説得力ある自己PRを作成するには複数のポイントがあります。

第一に重要なのは、過去の体験談を元にして自己PRを構成することです。

就職活動時には何かと自分をよく見せようと過剰な内容を自己PRに盛り込みがちになります。でも、その内容に説得力がなければ、面接官を納得させることができません。

そこで重要となるのがエピソードを盛り込むことです。

たとえば、リーダーシップを自己PRとするのであれば、部活動やサークル、バイト先などにおいて部長やリーダーとして活躍したという話をすれば、自己PRに説得力を持たせられます。

また、コミュニケーション力をアピールポイントとするのであれば、スマホのアドレス蘭に300人以上の友人名が埋まっているというような話をすれば、自己PRの説得力が増します。とにかく、具体的なエピソードを通して自分のセールスポイントを伝える必要があるのです。

また、自己PRで有効なのは苦労話です。

面接官は職場で働く一般の社会人であり、日常的に仕事で苦労している人たちです。ここで、面接官が理解しやすい仕事や研究活動における苦労話をすれば、共感を得やすくなり就職活動を有利にできます。

そこで、研究活動やバイトなどで苦労した経験話を自己PRに盛り込むこめば、説得力のある自己PRが構成できます。重要なのは、ある課題に対していかに自分が努力し、積極的に取り組んだかということと、そこで辛い思いをしたという内容を具体的に語ることです。

特に、この苦労話では失敗したエピソードも有効です。

社会人である面接官は、苦労した人材を求めています。応募者に苦労した経験があれば、就職してからの面倒事にも負けることなく積極的に対応してくれるだろうと評価するからです。

そこで、バイトやサークル活動、あるいは研究などにおいて失敗してしまった内容を自己PRに盛り込みむことも有効です。そして、失敗から何を学習したのかを語り、失敗にへこたれない前向きな姿勢を示すことができれば効果的に自分の存在をアピールできます。

自己PRは美辞麗句を並び立てるだけでは内容が空虚になってしまい、面接官に対して説得力を持たせることはできません。

なぜそのようにアピールできるのか、客観的な証拠となる過去のエピソードを盛り込み、苦労話や失敗談を含めることができれば、効果的な自己PRとなるのです。

自己PRポイントの見つけ方

まず自己PRを履歴書に書いたり、面接で話したいと思った時になかなかPRポイントが見つからない、何を言ったら良いか分からないという人は多いと思います。

個人的には自己PRを言うときには、そのことから派生して自分がしてきたことなどを話せるような流れを作れるPRが理想です。

例えば集団行動が得意という話からサークルで頑張った話、リーダーシップがあるという話から部活で部長を務めたというように具体例を出して説明できた方が理想です。

その方が説得力が出るからです。自己PRとはその名の通り、自分で自分の良いところをPRするものなので、しっかりした根拠を持って説明しないと相手からはなかなか信じてもらったり、良い印象を持ってもらうことができません。

なので、まず自己PRを考える上では、その前に今まで自分が学生生活や社会人生活でしてきたことを具体的に箇条書きにして、その上でなにをアピールポイントとするかを考えることが、説得力のある自己PRを作る方法だと思います。

何か一つでも熱中したことがある人ならこの方法で自己PRを作り出すことは簡単にできると思います。また、中には今までそこまで熱中したものが無いという人はもちろん居ると思います。

そういう人におすすめの自己PRポイントとしては、コミュニケーション能力と情報収集力があると思います。この二つの能力は社会人生活をして行く上では絶対に必要になって行くもので、さらに多くの人が日常生活で使っているものだと思います。

例えば、コミュニケーション能力においては友人関係や恋愛で使われているのがイメージしやすいです。実際に自分が一番仲良い人を思い浮かべて、その人と関係を作って行く上でどのようなことを気をつけてきたかなどを思い出して行けば自ずとPRポイントが見えてくると思います。

また情報収集能力においては、今まで人生での転機、例えば進学や就職のときに自分がどのように調べて選択してきたかを思い出して、その中からPRを作って行くのが有効だと思います。

そして、このようにしてPRポイントが出来たら気をつけなければ行けないことがPRポイントと短所に矛盾が起こらないようにすることです。

PRポイントとはいわば長所なので短所と矛盾していたら元も子もありません。ただ、自己PRとして上げた性格が元で、短所にもなりうるという言い方は自己分析が出来ていて印象が良いです。

例えば自己PRが真面目で一つのことに熱中する、という言い方で、短所は熱中すると周りがたまに見えなくなるなどの書き方は問題ないと思います。